美少女 鶴岡市 セフレ

鶴岡市・オーボナクイユまでいつも迎えに行くセフレは、
20代後半の綺麗系。
Fカップで大人のフェロモンで巨乳妻です♪
一緒に大人のおもちゃを買った後、

鶴岡市のいつも行くラブホテル(ホテル エリーゼ21)に行った時、

オッパイの大きさ、腰のくびれ、お尻の大きさ!最高でした。
我慢出来ずちょいちょい悪戯しちゃいました。
おっぱいにかぶりつこうと思ったら69へ。
リズミカルな動きと献身的な態度にあえなく発射。
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!
69でお互いを刺激してから、正常位で発射です。

ラ・フランスを長く美味しく 鮮度維持へ 新技術の効果実感 山形

山形県産フルーツ、ラ・フランスを長く美味しく楽しんでもらおうと、新たな技術が開発され、30日、関係者向けの説明会が開かれた。

県農業総合研究センターが、5年かけて開発したのは、カットしたラ・フランスの鮮度を保つことができる「鮮度保存液」。この技術を広めようと、生産者や流通関係者を集めた説明会が開かれた。

これまでラ・フランスは、他の果物に比べ痛みやすく変色もしやすいなど、品質の維持が難しく、カットフルーツの販売は不向きとされてきた。しかし、カットしたラ・フランスを鮮度保存液に3分ほど浸すと、3日ほど鮮度を保つことができる。説明会では、鮮度保存液は、ビタミンCと炭酸カルシウム、水の3つを使って誰でも気軽に作れることや、一度使用した保存液は10回ほど連続して使用できるなどの活用法が紹介された。参加者たちは試食しながら効果を実感していた。

(研修会参加者)

「おいしさを比べることはできなかったが色はきれいなままで良かった」

「午前中とか前の日にむいておけるのは仕事をする上ではすごく良い」

県は、この技術を他のフルーツにも応用し、消費拡大を図る考え。