水戸市 セフレ 大好物の立ちバックから騎乗位

30代後半のカワイイ系。
小柄ながらにメリハリのあるエロい身体☆スレンダーボディで出るとこ出てます!!優しい性格でおしとやかさがあり、やんわりと話す口調にはスゥと心が和みます!
アダルトショップでバイブを買った後、

水戸市のよく行くラブホテル(ホテル アムール水戸店)に行った時、

両手で収まってしまうのではないかと思わせるくらい細いウエストライン。
癒しの雰囲気満載でベッドの上で疲れた心と身体を癒してくれます。
舐め方はかなり上手で初めて声がでてしまいました。
キスが得意なようでこちらの舌の動きに合わせてセフレも舌を絡ませてきます。
セフレをくまなく攻めて可愛らしい感じ方に大興奮!そのまま正常位で放出。
クリを刺激し足ががくがく震えてよがってくれています。

茨城県芸術振興の礎 アーカスプロジェクト 若手招請し25年 目に見える地域貢献課題

守谷市の廃校に現代芸術のスタジオを設け、若手アーティストを招いて創作活動を支援する県の事業「アーカスプロジェクト」が25年目を迎えた。芸術家の地域招請事業「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」の草分けとして、これまでに33カ国・地域の103組104人が来県。2016年の茨城県北芸術祭の礎となり、参加者のうち同芸術祭に11人が出展するなど一定の成果を収めている。芸術家は4カ月程度滞在するものの、作品が残りにくいなど、芸術を通した地域振興が目に見える形に至っておらず、成果の「地元還元」が今後の課題となっている。

■応募は増加傾向

東京芸術大(東京・上野)が1991年、取手市に取手キャンパスを新設したのを機に当時の竹内藤男知事と平山郁夫学長が意気投合し、アーカス事業は94年に始まった。県や守谷市が実行委員会を立ち上げ、企業の協賛などを得て小学校の廃校舎を活用して運営している。

AIRは「芸術家の移動を促進する仕組み」。本県の文化を滞在中に吸収し表現活動につなげる。「アーカス」はラテン語で「門」の意味。参加アーティストはベネチア・ビエンナーレ(イタリア)や横浜トリエンナーレなどの芸術祭に参加し、若手芸術家の「登竜門」となっている。

芸術家の公募は2003年から開始。応募件数は増加傾向をたどり、08年の63カ国・地域350件がここ5年間では平均655件。今年初めて「40歳以下」と年齢を制限したにもかかわらず、85カ国・地域665件の応募があった。08年以降は海外のみから招く形となり、今年の応募は欧州43%、アジア23%、北米10%。この中から3人の芸術家が選ばれた。

■記録や資料整理

アートを生かした地域振興が全国で盛んになり、運営面での問い合わせも増えている。同スタジオの石井瑞穂コーディネーターは「アーカスは外からの評価が高い」と話す。行政が“パトロン”になる先駆的な取り組みについて「税金で運営していることを踏まえ、地域活性化にどうつなげていくか考えないといけない」と展望する。

地元の小中学生や住民と交流を重ね、これをきっかけに美大進学を決めたり、英会話を習い始めたりする住民もいるという。美術館と違い芸術家本人に会えるのも魅力の一つだ。

スタジオは四半世紀近い記録や資料が積もる。これらを公開するため閲覧用の書棚を16年に設置した。インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」で延べ131人から145万円の費用を集め、出資者にはポストカードやアーティストの日比野克彦さんの作品などの形で還元した。

長年の資料は新聞切り抜きをはじめ、ビデオのVHSとベータ、フロッピーディスクなど多種多様。こうした資料の整理と並行し、国際的に活躍する招請芸術家たちの動向をたどることができるファイルをつくっていく方針だ。