スレンダーでモデルのようなプロポーションをした玉名市の人妻セフレ

玉名市の近くに住んでいる人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
可愛い系のルックスに肌は透き通る様に白く、吸い付くような手触りが何ともたまりません!
アダルトSHOPでマイクロビキニを買った後、

玉名市のホテルに行った時、

こちらはおっぱい触ったり、お尻を触ったりしました。
パンティの中でクチュクチュと音が鳴り響く。
小柄な体型ながら脱いだらビックリ!真っ白な巨乳の人妻です。
正常位で腰をガンガン振ります。セフレもいい声で鳴いてくれます。
舌をべろっとだされてのキスです。
可愛い乳首を舌で転がすと、可愛くHな声をあげて体をくねらすセフレ。

浜田作品感じて表現 県美本館 小中高生動きと絵で

 日本を代表する版画家・彫刻家で昨年7月に亡くなった浜田知明さんの作品を参考に、心の動きを体と絵で表現する子ども向けワークショップが12日、熊本市中央区の県立美術館本館であり、小中学生と高校生の26人が参加した。同館で26日まで開催中の浜田知明回顧展「忘れえぬかたち」(熊日など主催)の関連企画。

 参加者はダンスでウオーミングアップした後、「ワクワク」や「ドキドキ」といった感情を全身を使い表現。その様子を互いに動画撮影し、見せ合った。

 展覧会場では、学芸員から浜田作品の解説を聞き、「目やおなかを渦巻き状に描くなど、心の在り方を絵で表現する時は工夫が必要」との助言を参考に、選んだ「感情」を鉛筆で描いた。

 玉名市の染森景悟君(玉陵小6年)は、大勢の前で発表する時の緊張感を、大きなハート型の心臓が胸から飛び出す絵で表現。「気持ちを体で表すのは難しかったけど、絵ではうまく描けた」と楽しんでいた。(魚住有佳)