彦根市 セフレ 絶品パイズリ

彦根市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
20代後半の綺麗系。
色っぽい美形なフェイス!
公園に行って散歩をした後、

彦根市のよく行くラブホに行った時、

ロリロリですがかなりエロくてムスコはビンビンです。
超エッチ系なEカップ美巨乳セクシースタイルは忘れられません。
色気のあるいやらしい雰囲気に敏感体質で感じやすいというエッチな身体が男心をなんともくすぐります。
吐息や声が大きくなり、腰の振り方も激しくなります!
かなりネットリとしたフェラから、ジワジワと早くなりガマンできなくなり挿入して正常位で発射!
指をいれてGスポットを刺激するとだんだんと濡れてきて、ビチョビチョになっちゃいました。

ひこにゃん、やっと安心にゃ 彦根市予算案、運営費盛り込まれ可決

 滋賀県彦根市議会は19日の本会議で、総額445億5000万円の今年度一般会計当初予算案を賛成多数で可決した。市の文化事業を大幅に削減する元々の当初予算案が2月定例会で否決され、市の人気キャラクター「ひこにゃん」の運営費も含まれていたことから、一時は活動休止の危機を迎えていた。恒例の花火大会の「復活」など新たに修正された当初予算案が可決されたことで、ひこにゃんも当初の予定通り、活動ができるようになった。

 市は2月定例会で、「彦根大花火大会」の中断や「彦根ばやし総おどり大会」を廃止するなど緊縮型の当初予算案を提出したが、市議会が否決。そのため、職員の人件費や市庁舎の維持費など必要最小限の経費に絞った暫定予算を組み、市政運営を続けてきた。

 ひこにゃんの活動費は暫定予算に計上されなかったため、一時は活動休止が懸念されたが、市の委託でひこにゃんを運営する民間団体「日本ご当地キャラクター協会」(彦根市)が自主運営を市に提案。インターネット上で寄付を募る「クラウドファンディング」や募金などで活動資金を集め、ひこにゃんの運営を続けてきた。

 可決された当初予算案は、最初の予算案で減額や廃止とした87事業のうち、花火大会(600万円)や「ひこねの城まつりパレード」のゲスト招致事業(125万円)など18事業を復活。ひこにゃんの今年度の活動費などに充てられる「ひこにゃんブランド推進事業費」(2881万円)も盛り込まれている。

 花火大会は8月26日に「彦根・北びわ湖大花火大会」として開催される予定。8号玉など計7000発が打ち上げられる。【西村浩一】