春日市の出会い系で仲良くなった20代のセフレにスクール水着を着せてエッチしました。

春日市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
40代前半のカワイイ系。
ロングヘアーが物凄く似合う綺麗なセフレです。
近くの居酒屋でご飯を食べた後、

春日市でご飯を食べて、ラブホテルに行った時、

こんな可愛い女の子とお部屋で2人っ きり。。。ドキドキしちゃいます♪
本当に色っぽい表情をするんです。
「あん・・・んふ・・」ってかすかに声が。
濃厚なキス&ハグとお互いの体を舐め合いを何度も繰り返しました。
かわいらしい秘部で、毛も手入れしていて薄いです。
チュチュっとしたソフトなキスから、だんだん舌と舌が絡み合う濃厚キスへ・・・・

「これからの農業は組織で勝つ」農業の総合プロデューサーが新著

 農業の魅力ある産業化を目指す社会起業家で「クロスエイジ」(福岡県春日市)社長の藤野直人さん(37)らが、新著「これからの農業は組織で勝つ」(同文舘出版、税別1500円)を出版した。日本の農家に立ちはだかる規模拡大の壁を越えてほしいと、500以上の農家の支援経験を踏まえ組織づくりのポイントをまとめた。

 藤野さんは九州大在学中のインターンシップで青果市場の経営改革を担当。高齢化や耕作放棄地など課題山積の現状を知るとともに、食をつくる農業は世の中になくてはならない仕事と感じたという。卒業後の2005年、社会の課題をビジネスで解決する社会起業家を目指しクロスエイジを設立。販売代行をはじめ販路開拓、商品企画、経営支援までを手がけ、全国でも珍しい「農家の総合プロデュース」に取り組む。

 農林水産省によると、国内の農業就業人口は1990年の約482万人から15年には約210万人と減少の一途。また、農産物販売で年間1000万円以上を得る農家は、全体の10%にも満たない。

 現状を変えたいと、藤野さんは8年前に前著を出版。商品化や販路開拓で所得1000万円を目指す仕組みを紹介した。だがその後、商品化が順調でも、家族経営から人を雇って規模拡大を図る際の組織づくりに悩む農家が多いと気づき、続編を思い立った。

 約1年がかりで出版した新著は、規模拡大に乗り出すための経営計画策定▽採用▽教育――など12章に分けて組織づくりのコツをまとめた。3~5年の長期計画の重要性を力説し、そのためのデータ分析手法などを解説。作業をすべて書き出す「業務の棚卸し」で適切に仕事を割り振ることや新人を戦力化する期間をまず設定して教育することなど支援経験で得た現場の知恵も詰め込んだ。長く働いてもらうには「農協職員を超える」程度の給与が必要とし、そのためのコスト削減など体質強化も説いている。

 日本の農業について「遅れている分、チャンスにあふれている」という藤野さん。「多くの農家が組織づくりを成功させ、地域のスター農家になってほしい」と変化を期待している。【山崎あずさ】