加須市人妻セフレがこんなえっちな下着を日頃からつけているのかと思うと興奮

加須市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
男性なら誰もがその美貌に魅了されるはずです。
近くのコンビニに行った後、

加須市のラブホに入った時、

四つんばいになってアナル攻めしてもらったりとかしましたが、女の子もかなりノリノリで楽しんでいたようでした。
若いのに妙に色っぽい!!!
アナルを舐めながらクリを触ったりオッパイや乳首を触って感じさせ可愛い声を出してイッてくれました。
そっと舌でペロッとするとビクッと体が跳ね、大きな声が漏れ響きます。
フェラも焦らし焦らしゆっくりとしてくれます。
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!

「ご当地ナンバー」盗難多発 「カパル」の志木市も注意喚起

 地元のイメージキャラクターを使ったり、観光名所をあしらったりした原付きバイク用「ご当地ナンバープレート」が県内の自治体で続々と誕生している。自治体のアピールにつなげるのが狙いだが、最近は盗難被害が相次ぎ、関係自治体は困惑を隠せない。 (内田優作)

 志木市で1日、昨年のゆるキャラグランプリで優勝した市の広報大使「カパル」を使ったナンバープレートの交付式が行われた。ナンバープレートは市内の「いろは親水公園エリア」のサクラや新河岸川などを背景に、カパルが手をあげているデザイン。市は700枚用意した。

 この日、ナンバープレートをカパルとともに披露した香川武文市長は「このプレートをバイクにつけて市内外を走り抜いて、市の魅力発信とカパルの応援につなげてほしい」と語った。県によると、県内63市町村のうちナンバープレートを導入しているのは40市町で、導入は加須市が最も早かった。

 その一方で、盗難被害が後を絶たない。県警によると、今年1~5月に原付きバイク用ナンバープレートの盗難の被害届を受理した件数は223件で、うち172件が「ご当地」だった。

 最も被害の多かった三郷市は平成24年、市制施行40周年を記念して、市の鳥「かいつぶり」をイメージしたマスコットキャラクター「かいちゃん」と「つぶちゃん」をあしらったナンバープレートを交付してきた。しかし、市によると、今年4~7月末に80件の盗難が発生。市担当者は「月に1回あるかないかだったが、今年度に入ってから急増した」と戸惑う。

 24年から市のキャラクター「ふっかちゃん」を描いたナンバープレートを交付している深谷市。9月からは第2弾として新一万円札の「顔」に決まった地元出身の実業家、渋沢栄一の肖像を入れたナンバープレートの交付を始めるが、盗難防止用のボルトも配布する。

 志木市広報大使のカパルは「カパラー」と呼ばれるファンらの応援でゆるキャラグランプリに優勝。その後も高い人気を持続しているだけに、ナンバープレートの盗難被害を心配する香川市長は交付式で「盗難には気をつけてほしい」と注意を呼びかけた。