長崎市人妻セフレは、本気で感じ喘ぐ姿

長崎市に住んでいる僕の人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
これがまた貴方様の心を鷲掴みにしてしまいそうです♪
スタバでコーヒー行った後、

長崎市のいつも行くラブホテルに行った時、

膣の奥がポイントでここを上手く責めれば布団は大洪水になるでしょう。
下着を少しずらしながら、クリを舐め舐めです。
エロい事への興味も旺盛です。
フェラも焦らし焦らしゆっくりとしてくれます。
騎上位も大きく足を開いて見せつけるようなエロいポーズに大興奮!
舌をべろっとだされてのキスです。

V長崎選手らファンと交流 J1昇格へ健闘誓う

 サッカーJ2のV・ファーレン長崎を応援しようと、長崎市は23日、長崎市文教町の長崎大文教キャンパスで応援イベントを開き、約2千人がサッカー教室やトークショーなどで選手と触れ合った。

 V長崎の親会社ジャパネットホールディングスは長崎市内にホームスタジアム建設を計画中で、2023年開設を目指している。同市がV長崎の応援イベントを開くのは初めて。

 イベントでは、V長崎の高田明社長と田上富久市長が対談。市長は「市中心部に魅力的な場所が生まれる。盛り上げていくために知恵を出し合いたい」と語った。高田社長は「県民のチームという意識を持ってほしい。ぜひスタジアムで応援して」と呼び掛けた。

 サッカー体験教室では、子どもたちが年齢別に分かれ、選手やコーチらの指導を受けながら楽しんだ。参加した同市立矢上小4年の東尊(たける)君(9)は「きつかったけど楽しかった。選手たちはかっこよかった」と喜んでいた。

 選手を交えたトークショーなどもあった。南島原市出身の吉岡雅和選手(24)は「多くの人が応援してくれている。身を引き締めないといけない」。長崎市出身の鹿山拓真選手(23)は「自分の子どものころを思い出し、頑張ろうと思った」とJ1昇格を目指す終盤戦に向けて健闘を誓った。