川西市 セフレ 妙にエロく優雅な可愛さ

川西市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
30代後半の綺麗系。
ザーメンの匂いが大好きなセフレです。
一緒に大人のおもちゃを買った後、

川西市の綺麗なラブホテルに行った時、

可愛い瞳のその顔で、うわ目使いで甘えます。
クリトリスを舐められるのも大好きで膣に指を入れられるのも大好きなんです。
アナルを舐めながらクリを触ったりオッパイや乳首を触って感じさせ可愛い声を出してイッてくれました。
フェラは口に含んでズボズボ舐めてくれます。
可愛い乳首を舌で転がすと、可愛くHな声をあげて体をくねらすセフレ。
乳首がかなり弱いらしく攻めると可愛い声で喘ぎます。

兵庫県内の基準地価 商業地の平均が3年連続上昇、上昇率も昨年比で拡大

 兵庫県の基準地価は、商業地の平均が3年連続で上昇した。上昇率は1・5%で昨年より拡大。神戸・阪神地域の伸びが全体を押し上げ、中播磨地域が28年ぶりに0・7%のプラスに転じた。住宅地では阪神北地域が11年ぶり、東播磨地域が28年ぶりに上がった。県平均は11年連続で下がったが、下落率はマイナス0・8%と幅が縮小した。【グラフ】兵庫県内基準地価の地域別価格と変動率 地域(県民局・県民センター)別にみると、商業地の上昇率トップは神戸の5・5%。神戸市中央区は11・1%と、三宮再整備への期待感から引き続き高い伸びを示した。阪神、東播磨も上昇基調を強めている。

 中播磨は、JR姫路駅前の再開発により姫路市中心部の上昇が顕著。新たに加わった駅前の調査地点は1平方メートル当たり145万円と県内6位に食い込んだ。

 住宅地の上昇率トップは阪神南の0・9%で、8年連続の上昇。神戸の0・7%が続いた。

 阪神北は0・1%の上昇に転じた。伊丹市は全地点で上昇。宝塚や川西市でも上昇地点が増え、ニュータウンの下落幅が縮小した。0・2%の上昇に転じた東播磨では、子育て施策で人口増が続く明石市が半数の地点で上昇し、残りも横ばいで下落地点はなかった。加古川市など他市町でも下落幅が縮小した。

 県内の調査地点は810で昨年と同数。昨年からの上昇地点は商業地が82地点で2地点増、住宅地が160地点で20地点増だった。上昇した市区町は商業地が18市区、住宅地が11市区でいずれも昨年と同数。

 1平方メートル当たりの県平均価格は、商業地が31万4100円で全国6位、住宅地が10万3100円で同7位。最高価格は、商業地が神戸市中央区三宮町1(三宮センター街)で655万円、住宅地が同市東灘区岡本2の57万2千円だった。住宅地の下落率で県内ワーストの宍粟市千種町千草(マイナス7・6%)は全国9位だった。(田中真治)