出雲市人妻セフレ浮気パートナー募集

出雲市で待ち合わせをする僕の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
本当に話しやすい性格がとても親しみやすく癒し効果抜群で人懐っこく初対面から壁を感じさせない印象を抱かせてくれます
スタバに行った後、

出雲市のラブホテルに入った時、

肌も真っ白ですべすべ☆抱き心地は最高!
男心をくすぐるおっとりとした話し方も好印象!
小さい声ですが、セフレのあえぎ声が聞こえてきます。
我が愚息も我慢の限界になり気持ち良くたっぷり放出^^。
これも凄い!もう好きにしてという感じになりました。
目がトロ~んとしてエロエロに見えてきます。

出雲駅伝こぼれ話! レース中、主務は何をしているのか教えます!

10月14日に第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)がありまして、いよいよ学生三大駅伝が開幕しました!

令和初代王者に輝いたのは、最終6区で大逆転を演じた國學院大學!

僕の母校・駒澤大学は8秒差で惜しくも2位。「その1秒を削りだせ」でおなじみ鉄紺の襷(たすき)をつないだ東洋大学が3位。今年の箱根駅伝で初優勝を飾った東海大学は4位。前回の出雲覇者・青山学院大学は5位。また、関東の大学に勝とうと一致団結して出雲に臨んだ立命館大学は6位に入り、関西王者の意地を見せましたね!

今回の出雲駅伝、駒大OB目線で大変恐縮ではありますが(笑)、僕の学生時代の話も交えて書かせていただきます。

國學院大の前田康弘監督は駒大OB。駒大が箱根駅伝で初優勝したときのキャプテンです。実業団の富士通での競技生活を経て、現役引退後は駒大のコーチも務められました。ちょうどそのとき僕は駒大でマネージャーをしていましたので、本当にお世話になりました。当時、学生との年齢もかなり近くてアニキ的な存在でした。明るく気さくに話かけてくださるので、監督からも選手からも信頼の厚い方でした。

この夏、國學院大に取材に行ったときに前田監督に聞いたのですが、駒大でのコーチ経験も現在の指導に大いに生きているそうです。

アンカー勝負を演じた國學院大の土方(ひじかた)英和選手と駒澤大の中村大聖選手は、埼玉栄高校の同級生。同級生にはほかに2017、18年と日本選手権1500mを連覇した東海大の館澤亨次選手もいます。館澤選手は出雲駅伝を欠場しましたが、同級生の頑張りが刺激になるのは間違いないです! 同じ高校出身の同級生や先輩後輩対決に注目するのも、駅伝観戦の一つの楽しみ方ですね!

僕は毎年、駒大の新入生歓迎会で余興をしているのですが、いまから3年前のこと。配られた名簿を見たときに「なかむらたいせい」選手が2人いることに気づきました!

どうやって呼び分けるのかな、と思っていましたが、後日、出身高校名にちなんで「さかえ」「とうほく」呼び分けていると聞き、驚きました(笑)。中村大聖選手は埼玉栄高校、中村大成選手は東北高校の出身です。

そして、もしも「なかむらたいせいリレー」が実現したら、実況のアナウンサーさんはどう説明するのだろうと思っていたら、今回の出雲駅伝で実現しました!

5区中村大成選手(4年、東北)から6区中村大聖選手(4年、埼玉栄)への襷リレー、丁寧に出身校まで入れて実況されてましたね!

続いて、僕の学生時代の出雲駅伝の思い出を振り返ってみたいと思います。